マカ&クラチャイダム12000プラスの成分について調査

マカ&クラチャイダム12000の成分についてご紹介します。

成分が気になる方のために、なるべく分かりやすく書きます。

サプリメントに含まれる成分はこちら

マカ末
ブラックジンジャーエキス末(ブラックジンジャーエキス、デキストリン)
デンプン
スッポン末
赤マムシ末
亜鉛含有酵母
牡蠣エキス末
トンカットアリエキス末
L-アルギニン
ゼラチン
シクロデキストリン
ステアリン酸カルシウム
カラメル色素

このようにマカ&クラチャイダム12000には沢山の成分が含まれています。

今回は特に多く含有されている、マカとクラチャイダム、そのほか代表的な成分の効果効能についてご紹介します。

マカの効果

マカは天然のバイアグラと呼ばれるほど精力増強効果が期待できます。

成分の中にはエストロゲンのような働きをする成分を含み、ホルモンの分泌を指令、調整してくれます。

それによって自律神経を整え、ホルモンバランスを整えてくれます。

勃起不全の原因として、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れがあげられるため、これを整えてくれることで、精力増強効果が期待できるのです。

また、男性の陰茎動脈の血行を良くしてくれます。

クラチャイダム(ブラックジンジャー)の効果

クラチャイダムはブラックジンジャーと呼ばれる生姜科の植物です。

古くからタイで精力増進や性機能の改善を目的に、精力剤として利用されてきており、国内では黒ウコンと呼んでいます。

タイでは古くは1000年前から医薬品として利用された、歴史のある植物です。

そのため長い歴史の中で使われてきた成分で、副作用もなく安心して使用できる、精力サプリとして使われています。

スッポン・赤マムシの効果

男性の精子を生成するのに大切な、鉄、リン、亜鉛を多く含むのがスッポンの成分です。

また、血液の流れをスムーズにし、男性陰茎動脈の血行をよくしてくれます。

そのため、精力サプリとしての効果が期待できます。

また、赤マムシは必須アミノ酸を必要とする、多くのアミノ酸を保有します。

マムシエキスには、ホルモンを分泌させる働きを促す働きがあり、ホルモンバランスを整えます。

そのため、精力サプリとしての効果が期待されます。

牡蠣エキスの効果

牡蠣エキスにはタウリンが大量に含まれています。

タウリンは、胆汁酸の分泌を進める働きがあり、肝機能を高めます。

また肝臓の細胞を再生させる働きがある事から、解毒作用があるといわれています。

また亜鉛や銅などのミネラルも多く含み、精子を生成するのに必要な亜鉛を十分に摂取できます。

またタウリンを摂取することで、疲れにくくし、持久力を付ける事ができます。

トンカットアリエキスの効果

トンカットアリとは、マレーシア人参とも呼ばれる、にがき科の潅木です。

トンカットアリは、滋養強壮、精力増進、勃起薬として、遥か昔から愛用されている生薬です。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すため、肉体的な疲労を回復したり、スタミナをアップさせる効果が期待できます。

また男性機能を高め、精力を高めてくれます。

男性不妊も改善できると期待されており、昔から愛用されている自然の精力サプリメントです。

L-アルギニンの効果

アルギニンはアミノ酸の一種です。

体内でも生成できますが、大人になるにつれその生成量が少なくなるため、サプリメントでの摂取も進められています。

大人の場合40代を過ぎたころから、体内生成が半分以下になるといわれています。

アルギニンの主な働きは、成長ホルモンの分泌、疲労回復、免疫向上、性機能改善です。

性機能においては、アルギニンにより血管障害の改善が期待されます。

一酸化窒素(NO)の生成を助けて、血流を改善させることで、精子の量や運動性をあげる効果があり、勃起不全の改善効果に期待がされています。

最後にマカ&クラチャイダム12000とは

いかがでしょうか?

マカ&クラチャイダム12000に含まれている成分を見ると、精力サプリの怪しいイメージがだいぶ薄れると思います。

マカ&クラチャイダム12000に含まれる成分の多くは古くから使用されてきた、歴史のある生薬がほとんどです。

精力剤として古くから使用されている成分ばかりですので、多くの人によって体験され、飲み続けられてきた物ばかり。

科学的な新しく臨床数の少ない成分などは一切含まれておりません。

ほとんどが自然由来の成分であるので、歴史も古く人体への悪影響は考えにくく、副作用などの心配がなく摂取できるサプリメントと言えます。

安心できる精力サプリを試してみたい方は、しっかり成分表を確認し、納得した上でマカ&クラチャイダム12000を試してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*